FC2ブログ
2019. 04. 05  

春休みの間、みんなでお花見をしました。

卒会した子どもたちや、兄・姉なども加わり、いつもは待機場所で過ごしているベビーたちも、今日は抱っこやおんぶで森歩き。


森を抜けてお花見場所に到着すると、目の前に桜色の景色が飛び込んできました。

ちょうど満開を過ぎたころ。桜吹雪が舞い散り、まるで雪が降っているかのよう。

無題7


森はすっかり春爛漫。春の花たちが咲き始めています。

たんぽぽや、お弁当の前に読んだ絵本に出てきた花も。

ポケットにも春のお土産がたくさん入っています。

春のお土産がたくさん詰まったポケット

フデリンドウ ヤマブキ


つくしが育ち、すぎなとなって草原のように美しい緑を輝かせています。

冬の間は枯れ木のようになっていた桑の木の芽も出てきました。

若葉を指差して「赤ちゃんの葉っぱだね」と子どもたち。

無題5 無6


春、森の命が芽吹くとき。新しい命が次々と生まれています。

スポンサーサイト
2019. 03. 28  

森っ子では毎年お醤油を作っています。

今日は最初の工程となる「仕込み」の日。

シートの上に広げられた醤油麹と塩を、みんなで一緒に混ぜて「塩切り」をします。

「わー!気持ちいい」「ざらざらしてるー」


無題2



混ぜたものをみんなで協力しながら樽に入れ、水と合わせます。

無題3

一つひとつの作業を丁寧に、みんなの思いを込めて作りあげるお醤油。

仕込みが終わった後は「天地返し」といって全体を混ぜる作業を定期的にしながら、約一年寝かせます。

無題4


今年も美味しく仕上がるといいね。


同じように作っても、作る人や場所が違うと味が異なるお醤油。

これから1年間、森っ子の子どもたちや母たちと一緒にお醤油がどんな風に育っていくか楽しみです。

2019. 03. 22  

今年も卒会の日を迎えました。


お友達と元気に走ったこの道。


お母さんに縫ってもらったTシャツの大きなポケットに、葉っぱや棒のお土産を詰め込んで、早く渡したくて歩いたあの道。


お友達と喧嘩して悔しくて泣きながら歩いたあの道。


一緒に手をつなぎながら楽しく歩いた道。


image1.jpeg


ずっと続いていくかのように思えた森歩きの時間も残すところあと数日となり、4月からはそれぞれ新しいスタートを迎えます。

寂しいようなうれしいような春の感覚…。


森歩きの後に、一人ひとりに卒会アルバムと木のストラップがプレゼントされました。
アルバムはメンバーが心を込めて作ったもので、子どもたちが着ていたTシャツを小さくしたものが表紙に飾られています。

ストラップは母たちが卒会する我が子のために時間をかけて木を磨いて作ったものです。

みんなの想いがぎゅっと詰まったプレゼント…。

子どもたちは森っ子での時間を懐かしむかのようにアルバムの写真を眺め、首に掛けてもらった木のストラップが晴れ晴れしく揺れていました。


image2.jpeg


その後、卒会する母たちからの一言では、笑いがあったり、涙があったり…。

根っこの時代に貴重な経験を子どもたちがしてきたように、母たちも同じ時間を共有する中で、子どもとの関わり方について共感できたり自信を持てたりしたのかもしれません。

子どもたちにとっても、母たちにとっても、森っ子での日々が宝物のようなかけがえのない時間であったこと、改めて噛みしめました。


最後に、みんなで持ち寄った手作りのおやつや果物などで素朴にお祝いをしました。


image4.jpeg


春休みの残りの時間、もう少し一緒に森歩きを楽しもうね。

「またね!」をまだ言い合えるうれしさ。


卒会するメンバーはこれからはOBとして森っ子を支えてくれることでしょう。

ありがとう!そしてこれからも宜しくお願いします。


2018. 12. 18  
年中・年長児の青空自主保育、一緒に始めませんか?



思いっきり遊んで、けんかして、仲間と育ち合える、青空自主保育の魅力は…


~ 心 ~
・広い自然の中でのびのび解放
・「歩けた!」「登れた!」達成感が自信に


・美しい四季に触れ、感性豊かに

~ 体 ~
・きれいな空気を胸いっぱい

・急坂も、根っこの凸凹道も、忍者さながら駆け抜ける

・めいっぱい体を動かして夜はぐっすり

~ 仲間 ~
・助け合って、思いっきりケンカして、兄弟みたい

・子育ての悩みを相談しあえる、頼りあえる

・我が子も他の子もかわいくて成長が楽しみ

~ 学び ~
・親も子も「共に育つ」

・子供が自ら育つ力を信じて「お口はチャック。手は後ろ」で見守ると、
ケンカのときの力加減やコミュニケーションなど、
子ども同士で問題を解決する術を身につける

こんにちは。2019年3月に「青空自主保育 森っ子」を卒会する4歳男子の母です。

上に書いたのは、「青空自主保育をやってきてよかった」と思うことのほんの一部です。

森っ子は年少までのグループなので、
新たに年中・年長さんの自主保育グループを立ち上げようと思いました。

ご興味を持ってくださった方は、ぜひご連絡ください!
~ 活動場所 ~
新治市民の森を中心に、
梅田川やプレーパーク、畑など。

酷暑や雨の日は、室内で絵本やものづくり、わらべ歌などできたら、と考えています。
~ 活動日 ~
活動週4~5日(月~金)
~ 保育当番 ~
母が交替で保育当番に入るので、
入学までの貴重なひとときに成長を見守れます。

~ お問合せ ~ hachisukeneco8@gmail.com 北村まで 
青空自主保育「森っ子」

青空自主保育「森っ子」

Author:青空自主保育「森っ子」
横浜市緑区で活動している
青空自主保育です。

恵まれた自然の中、
のびのび自由に遊びまわる子どもたちを
親たちが当番制で静かに見守ります。

メンバー用ブログ
お問い合わせ
メンバー募集中!
お気軽にお問い合わせ下さい
体験見学希望の方は、 体験・見学を必ずお読み下さい
→メールはこちらへ
アクセス件数
当団体は、営利を目的とした団体ではありません。いかなる宗教団体、政治団体とも関係していません。